fc2ブログ

ベトナム語講座の公開レッスンを終えて

 ベトナム戦争の間、
 裕福なベトナム人の子弟の中には
 戦乱を避けて留学をする者もいたようで

 ちょうど、
 私が技術研修で交換学生として
 ドイツに留学していた頃、

 学食で食事をしていると
 同じような顔をしたアジア系の人たちが
 話しかけてきた。

  第2外国語のドイツ語は
  単位を1つも取れない状態だったので
  話しかけられても・・・・

  次にフランス語らしき言葉で話しかけられた。
  シャンソンは数曲知っていても会話は全くダメ

  こちらから英語で話しかけても通じない。

  しようがないから、紙に漢字を書いて
  見せると、何とか通じたのです。

 この時、
 初めてベトナム語と接したのですが、
 その頃の私の思考は英語一辺倒で

  英語学習の先輩たちが主張する
  英語は意思伝達の手段という考え方には
  馴染まなくて

  英語は、チャンスを掴むもので、
  ドリームを追いかけようと
  本気で英語に取り組もうと思っていたのです。


ところが、月日が経って、
 取引先がベトナム企業と言う人受講生から
 貿易や通関に加えてベトナム語を習いたい。

 スクールきづでベトナム語講座
 開講してほしい、という複数の方から
 依頼を受けて、

 それから2,3年は、ベトナム語の先生が
 見つからず、そして、やっと、

 今晩、公開講座を開くことができました。
 
 新聞で貿易の勉強会のメンバー2人が
 早々に受講したいという意思表示があって、

 それ以外に、今日の公開講座に

  HPをご覧になった人がお1人、
  中国語講座から1人、
  通関士講座から2人、

  の4人が参加してくれました。
  
  また、貿易実務検定講座の終了生から
  日曜日は出勤日で参加できず残念と
  応援のメールを今朝頂きました。

  4月1日(日)午後7時開講です。

公開レッスンは
 まず、最初に、ベトナムに留学し
 現在、ベトナム系企業に勤務し
 ベトナム語を自身も勉強した
 コーディネーターから

 ベトナム語勉強は楽しいという経験談に
 引続き、ベトナム語の声調のイントロ、

 次に講師のハイ先生から自己紹介の表現を
 順番に練習しました。

  お願いしていた先生が体調不良で急きょ、
  ピンチヒッターで当番頂きましたが、

  私は面識があったのですが、
  コーディネーターのお蔭で講師層も厚く
  安心して運営ができそうです。


 ベトナム人の先生と日本人の
 のチームで教えてくれました。

 なかなか上手な教え方で効率的で
 語学の講師としての目から見ても
 理に適ったもので楽しかったですね。

 私は、元々真似るのが得意なので、
 しかも、中国語と似た点もあって
 発音練習は好きですね。


公開レッスンが終わってからの検討会

 通関士講座の受講生が参加する場合
 二兎を追うことは厳しいので、

 宿題はあまりないような形で
 発音練習を中心に少しずつ進むような
 方向で検討しました。

 こういうとき、コーディネーターが
 スクールきづの貿易通関士の講座の
 経験者というのはありがたいですね。

 
ベトナム語を
コミュニケーションの手段と見るか
チャンスを掴み夢を実現しようとするか

 それは、別として、
 国内での売上が半減し、
 買手を求めてアジアに出かけるのが
 
 生き残りの方法と
 企業のトップもボトムも考え出したようで

 スクールきづの貿易講座への
 途中受講などの問い合わせや

 勉強の方法や独学教材や
 何をどのように勉強すれば
 国際ビジネスで生き残れるか

 そういう世界で活躍できる人材になるには
 どうすれば良いかなどの

 個別相談を受ける機会が多くなってきた。

 その時に必ず話題に上るのが
 英語+アジアのことば

 ですね。
 ご参考になれば幸いです。


ご参考:ベトナム事情
ベトナムの魅力(総領事インタビュー記事から)
日本とベトナム:経済面と地政学上の重要性
ベトナムにNACCS


 

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード