fc2ブログ

スクールきず@初夢

3日間、一歩も外出せず
自宅でゆっくりしました。

 小説の読み過ぎと映画の見過ぎで
 ストーリーが交錯して、

 日本語、中国語、英語がチャンポンに
 なって、言語障害が起こりかけて、

 さらに、食べ過ぎ・運動不足もあって
 頭と目と耳と胃がちょっと重いかな。

 今日から、普段の生活に戻るので
 回復するでしょう。

  今日は、
  午前中は大阪天満宮へ初詣
  午後は、貿易実務検定B級の補講
 
この3日間、考えていたことは

 転職とか就職を支援するため
 資格取得を手助けする意味は何?

  SPI(非言語)の個別レッスン 
  なんて、典型的な例ですね。
  正社員になれたと喜んでいます。

  通関士講座で勉強して
  運よく合格、転職してハッピー

  貿易実検定講座で知識と資格を得て
  何とか貿易業界に潜り込めた人

  TOEIC・英検講座で、ハイスコアー
  が取れて、外資系に転職した人

  お役には立てているようだけれど、
  これだけで良いのかな・・

 古い日本基準は次々に崩壊している。
 この時代に、もっと他の選択肢も
 あるんじゃないかな・・が私の本音。

  なので、通関士講座の受講生で、
  合格した人を紹介して欲しいという
  企業からの依頼には

  就職後のメリットを明示できない
  場合には、基本的には応じない。

  折角、苦労して獲得した資格なので、
  高く買ってくれるところに
  紹介したい、と思う。

   その場しのぎの求人というか
   駄目な企業の無責任な担当者に
   返信をする必要もないかな。
 
   悔しかったら、
   自社で養成すれば良い、と
   思いませんか?

 でもね、
 企業と結びつきの強い学校って
 転職・就職が目的の受講生にとっては

  有り難い事だし重要でしょうね。
  しかし、会社にも色々あって、
  従業員にとって、本当によい会社か
  どうかの判断は難しい。
  
  ですから、合格までが私の仕事。

  転職・就職は別の専門のところ
  でどうぞ!と割り切っている。

  何処かの就職部のような
  アフターサービスはしません。
  

雇用されるという前提の考え方については
若干、聊か、疑問を持っています。

 と言って、
  独立を薦めているわけはありません。

  私と違って組織に馴染める人や、

  家族があって冒険ができないので
  今の居場所で定年まで頑張ると
  決めている人は

  その環境の中で力を出し切って
  世界という土俵で競争に勝ってほしい。

 私は、サラリーマン生活17年間で、
 有り難いことに、自由気ままに
 仕事をさせて貰ったけれど、

  会社という組織には馴染まなくて
  かなり無理や我慢をしないといけない、
  ということも知っていたので、

  残りの人生で、自分を生かすには
  組織の中に入らない(所属しない)、
  自分のことは自分でマネージしよう
  と決めていました。

 もっとも、
 個人は弱い立場というのも事実なので、

  取引相手を組織ではなく個人とすれば、
  そんな問題は簡単に解決できる。

  時代の流れもあって、ネットを使うと
  宣伝広告費0円でもスクールに
  通ってくれる個人がいて

  請求書を送らなくても
  受講料を振り込んでくれる個人がいる。

  組織の論理で請求書を送らないと
  処理しないという横着な会社もあるが、
  そのうち、立場は逆転するだろう。

それは、木津先生だからできるので
私は、就職するしかないのです。

 そうかな・・・
 私より、十倍も百倍も優秀な受講生

 資格を取って就職・転職という
 パターン(錯覚)から

 自分のしたい仕事をするための勉強
 というように視点を変えて

 日本国内の日本人ではなくて、
 これからお付き合いする外国の人、
 世界の人たちを見据えて

 そして、将来を見据えて
 必要なスキルを見つけて厳しく鍛えて、
 外国に出かけて仕事をしてほしい。

 もっともっと活躍できるだろうし
 自信を持ってほしい。

 そして、自分の名前と計算で仕事を
 している受講生の姿が

 正月ボケに脳裏に1万円のメガネで見る
 3D画面のように明確に見えるのです。

 これが、私の初夢でした。
 何年後かに正夢になっていることを願って

 今日から、この1年、頑張りましょう!


テーマ : 生きる力の創造
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード